現役医学部生なんかに負けない力を予備校で学ぶ

合格するための学習法

振り向く女性

医学部がある大学へ向けて毎日勉強に励む受験生。あらかじめ受験対策を自分自身で考えながらスケジュールを組み立て進めていくと思われます。ですが、考えによって医学部の専門書や参考書での勉強に重点を置き勉強を進めていく受験生もいると思います。もちろん専門書などを参考に勉強していく事はとても大事ですが、それだけを進めるだけではうまくいきません。
高校受験をした時のように、国語・算数・理科・社会すべて得意科目にし、平均点以上の高得点を出さなければなりません。そして、筆記試験の他に面接や小論文の試験を行う大学もありますので、参考書とにらめっこするだけなく、面接などで見事な対応ができるかなどの対策を予備校で行っていきます。医学部受験の指導をする予備校などでは、受験生に勉強していく中で解けた問題を本当に理解しているかを小テストや課題を出し、その日に勉強した問題内容をもう一度振り返って問題が解いていく復習を行う授業内容もあります。
医学部の試験受験は、他の学部と比べても試験内容はあまり変わりはありません。ただ違う所は一つ一つの問題の点数が高く、一つの問題を間違えると合計点数に大きく響きます。なので小テストなどでケアレスミスを医学部受験の本番で起こさないよう予備校では確認して防止へつなげていきます。
また、面接や小論文などを筆記試験よりも重視する大学もあります。そのような正解がなく、対策が難しいものにも予備校では何から始めたら良いかなどわからない生徒に向けて指導をしながら向上心を高め、十分な質疑対応や小論文が出来るように受験対策を行う予備校などもあります。