現役医学部生なんかに負けない力を予備校で学ぶ

予備校が行うサポート

笑顔の男性と女性

医学部受験を始めに、試験問題というのは毎回初めて見る問題です。本番までわからないのでこれくらいの範囲まで予備校で勉強したんだから大丈夫だろうと漠然とした気持ちで医学部受験に挑むなんてもっての外です。医学部受験はセンター試験はもちろんのこと、国立大学の医学部を受験するとなると最低でも85%以上の解答率を出さなければなりません。
さらに国立の医学部受験は二次試験があります。国立に限らず私立大学の受験内容も他の学部とほとんど変わらないが合格するハードルは他の学部より高くされており、それだけ特別で難しい受験という事がわかります。なので医学部受験を受ける学生のために予備校はあらゆるカリキュラムを組み立て、勉強の効率を上げるサポートを行っております。
たとえば集団で授業受ける予備校で、授業を受ける中でわからなくなった部分が出てきた生徒には、先生と生徒の一対一の個別指導を行う時間を設けて、つまづきがちな問題の特徴や授業中に聞けなかった問題の疑問点をじっくり解決していきます。また予備校は受験勉強のサポートが主ですが、長時間の勉強で疲労がたまり、うまく勉強が捗らず根を詰めすぎて生徒が自分自身に潰されてしまわないよう、予備校の講師陣は生徒達が抱えている問題や悩みを解消するメンタルケアのサポートを行う予備校もあります。
受験は孤独な戦いの中で進めていくもので、本人が諦めてしまうとどうしようもなくなってしまいます。なので自分で全てを背負う事をさせず、予備校や周りがサポートする事も大事な受験対策の一つとも言えます。